英語ができる人とできない人で収入に差が出る?

英語ができる人の方が収入が高い!?英語力を身につけてあなたの収入もアップ! - 英語ができる人とできない人で収入に差が出る?

英語ができる人とできない人で収入に差が出る?

最近は、日本社会でも英語は必須のスキルになっていますね。
特に、日本の企業でも英語を使う事が出来るかどうかというのは求人条件に加わっている事が多いですね。
この、英語の力というのは収入などに関わって来るかという疑問を解説していきましょう。

英語が出来るかは収入に差が出るのか

tjydj
これに関しては、就職した場所にもよるのですがやはり大企業などだと英語能力というのは収入差に直結してくる事が多いですね。
昨今は、経済社会もグローバル化が進んでおり海外進出などをするところも多いですね。
そうなると、当然海外のビジネスマンとの取引をすることも増えるわけですから、コミュニケーションを取る事が出来る、即ち英語を使う事が出来るかどうか、ということもとても重要になってくるんです。
海外進出や海外取引をするような企業となれば英語を使う事ができるかどうか、というのは当然任される仕事の内容も変わって来るので、どうしても収入にも大きな差が出てきますし、そもそも求人での採用基準にもなってきます。

英語が出来ることの証明について

しかし、就職する際の面接で全部英語でやるというようなところは日本の企業ではまずないですね。
実際、英語が出来ない人は全員取らないというような極端な採用基準の求人をしているところはまずないですからね。
そこで、収入や採用基準の一つになってくるのが英語をどの程度できる能力を持っているのかということを判断するための資格の所有ですね。
英語の能力に関しては主に判断されるのは英語検定とTOEICですね。
とは言っても、英語検定は最近はあまり判断基準にされないことが多くどちらかというと、TOEICの取得点数の方が重要視されることが多いです。
英語検定に関しては、特に海外進出や海外取引を行っているグローバルな大企業の場合英語検定一級以外は資格無しと同じものとして扱われる事が殆どですね。
企業によって点数の基準は違いますが、新卒の場合だとANAは600点、日産は730点、楽天や証券会社は800点、三菱東京UFJ銀行だと900点以上を求められる事が多いとされています。
特に、トップ企業の内定にはTOEICは900点以上を求められる事が多い上に実際に日常会話やビジネス会話などを出来るかどうかという事が求められる事が多くTOEICの基準は非常に高いといえるでしょうね。
あくまで、一つの基準ではありますが英語での会話を実際に仕事で使うような企業だと実際の収入に大きく関わって来ます。

英語が出来るか否か

ree
更に、英語が出来るという事で将来的に職業の選択自由が広がるという意味でもやはり収入には大きな差が出ますね。
というのも、英語が必須な職業はかなり沢山あるからです。
特に理系の職業なんかは研究職だったり医者だったりするようなお仕事はやはり英語が必要な物が多いですね。
なので、仕事についてからの収入が変わるというよりも高い収入のお仕事につくことが出来るか否かという意味で収入が変わって来るんです。

英語を学ぼう

将来、高収入な仕事につくために英語を学びたいのであれば若い内から習得するのが一番です。
語学というのは、年齢を重ねるごとに習得するまでにかかる時間がどうしても長くなってしまいますからね。
大人になってから、慌てて英語を習得しようとしてもなかなかうまく行かないことが多いです。
なので、出来るだけ学生時代に一生懸命に英語を話せるようになるといいでしょう。
事務の英語求人もあります。
英語を活かせる新規求人・転職特集 – 外資系求人・英語を使う転職・就職なら≪キャリアクロス≫
https://www.careercross.com/job-search/speciality-25

更新情報