英語ができる人とできない人で収入に差が出る?

英語ができる人の方が収入が高い!?英語力を身につけてあなたの収入もアップ! - 英語が出来る事と収入の関連

英語が出来る事と収入の関連

英語は、グローバル化してきている現在の社会を生きていく上では非常に重要なスキルです。
英語が出来るかどうか、ということは実は就職での判断基準にされることもあれば収入にも大きく関わって来るという事で重要視されるんです。

英語が出来る事と収入の関係

とあるアンケートでは、社会人の30代から40代の働き盛りの人たちにアンケートを実施し、英語ができるという事をTOEIC760点以上、TOELF540点以上、英検準一級以上という基準を設けてそのいずれかを持っていれば英語を出来るとします。
そして、英語が出来るか出来ないかという人の収入を聞くと英語が出来る人の平均年収はおよそ700万円、英語ができない人の平均年収は500万円程度と200万近くも年収に格差が出来ているということがわかったんですね。

何故英語が出来ると収入が上がるのか

これは、そこまで安直な問題ではないんですね。
英語が出来れば誰でも収入が上がるというわけではなく、英語力を持つことによって就職の選択肢が広まり就職した後でも英語力を持つ事で出世に繋がるということなんです。
英語は、最近のグローバル社会では必須スキルになってきているとは言っても、誰でも当たり前に持っているスキルではないからこそ重宝されるのです。
会社に入ると、海外の企業との取引や支社進出があると英語でコミュニケーションを取る場面が出て来ますからね。

英語で完結しないように

ただ、英語が出来れば誰でも高い収入を得られると勘違いしてはいけません。
あくまで、英語というのは一つのスキルであってそれを活かすことが出来るかどうかは当人の能力次第ですからね。
なので、当然仕事が出来る事が前提になってきます。

関連する記事