英語ができる人とできない人で収入に差が出る?

英語ができる人の方が収入が高い!?英語力を身につけてあなたの収入もアップ! - 英語は収入にどのように影響するか

英語は収入にどのように影響するか

英語は、社会に出る上で特にトップ企業に入る際には必要とされるものです。
そういう側面があるから、英語力というのはどうしても持っていると高収入になれるというイメージが強いです。
しかし、英語力は必ずしも収入につながるわけではないんです。

英語力は一つでは意味がない

そもそも、何故英語力が高ければ高収入な仕事につけるチャンスがあるのかというとそれは英語が最も広く使われている言語だからです。
昨今、経済界もグローバル化が進み一般企業でさえも海外支社を持っていたり海外の企業と取引をするような時代です。
海外を舞台にすれば、当然海外のビジネスマンと交流をすることになるわけですが、日本語なんて日本でしか使われていない言葉なのでまず海外に通用しません。
そんな時、コミュニケーションに必要な会話は多くの人が使っている英語が便りになるというわけです。

コミュニケーションのツールが英語

英語というのは言ってみればコミュニケーションツールの一つです。
海外の人と会話を円滑にすすめるための言語が英語なのです。
ただそう考えればわかるように、例えば日本国内だけの展開をシている企業で日本語を喋れるからと言って高収入に繋がったりはしませんよね。
それと同じく、英語はただ喋れるだけでは高収入を得る事が出来るというわけではないのです。
他の学力や知識、経験やスキルなどと併せ持つのが大事なのです。

英語を極めるだけではだめ

つまり、英語をネイティブレベルで会話出来る様になるだけでは意味がないんですね。
だから、英語はあくまでビジネス用語程度を交えた会話が自然にできる程度にし、その後は仕事に役立つプロフェッショナルなスキルを身に着けた方がいいですね。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »