英語ができる人とできない人で収入に差が出る?

英語ができる人の方が収入が高い!?英語力を身につけてあなたの収入もアップ! - 英語力はあくまでサブスキル

英語力はあくまでサブスキル

英語は、海外との交流を持つ仕事をしたりする以上は必要なスキルになってきます。
しかし、英語を使うことが出来れば収入が必ず高くなるというわけではないんですね。
英語力というのはどのような見方をされる能力なのかを解説していきます。

英語力と年収

確かに、英語を使える人とそうでない人では収入に差は出ます。
しかし、それはあくまで一つの要素でしかなくそれが絶対の基準になるわけではないんですね。
最近では、英語力というのは就職や転職試験なんかの一つのフィルターとして見られる事が多いんですね。
英語力があるのは、あくまでも一つの関門であって更にそれに加えてどんなスキルを持っているのかということを重視されますので、英語力がある=就職に必ず役に立ち高収入の仕事に繋がるわけではないということを覚えておくといいでしょう。

どのように年収に反映されるのか

まず、軸となるスキルや強みを見られます。
これは、就職する企業や職種によって変わるのですが一般的にはその職業において、即戦力になることが期待できるようなスキルですね。
そこに加えて、英語力という物が合わさることによって年収にその恩恵が反映されるようになっている、というところが実際の所なんですね。
だから、英語が出来るだけではそれが役に立つかどうかわからないというのが本当の評価なんです。

英語はあくまでサブスキル

英語力、というのはあくまで必須スキルではあるのですがそれがそのまま年収につながるというわけではなく、職業の中での仕事の幅を広げるためのサブスキルなんです。
あくまで、仕事をメインで出来るということが前提にあってそこを更に押し上げる要素になるのが英語力だと理解するといいでしょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »