英語ができる人とできない人で収入に差が出る?

英語ができる人の方が収入が高い!?英語力を身につけてあなたの収入もアップ! - 英語は総合力の一つ

英語は総合力の一つ

英語が出来る人は、出来ない人に比べると就職も有利で平均年収が高いというアンケート結果が出ています。
しかし、だからと言って英語が出来れば将来安泰になるというわけではないんですね。
英語力という物を就職や収入で見る際の正しい認識を解説します。

英語力と収入

英語力は、収入が高くなるという事は大雑把に見れば正しいのですがあくまで直結するわけではないんですね。
英語力が高ければ必ず高収入になる、というのならばそれこそ留学生や日本在住の英語圏外国人は全員高収入になるわけですが、実際そうかというとそんなわけではありません。
英語を使えれば、誰でも高収入になるわけではないので学生の頃にとりあえず英語だけをやっておけばいい、というような誤った認識は持たないようにしましょう。

英語力のみで勝負してはいけない

それこそ、昨今は大企業の就職には英語レベルが日常会話やビジネス会話をする事が出来る能力がまず最低ラインとして設定されているくらいですからね。
ある意味では、当たり前になってきているという風にも言えるのですが英語を話せるライバル、というのが沢山居るんですね。
だから、英語を話せるだけという事では高収入に必ずしも繋がるわけではないのです。
しかし、裏を返せば専門的なスキルを持ちコミュニケーション能力を持っている上で英語力も高くビジネス用語なども使いこなせれば高収入を得る事が出来るのです。

英語力は総合力の一つ

仕事、というのは基本的に専門的研究者や技術者でもない限り必要な能力は総合力です。
一芸に秀でていても、他の能力がそこに追いついていないとイマイチ成果を出す事が出来ないということもあります。
英語は、あくまで必要な能力の一つです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »